DRIBAT TRAINING

ドライバットの特徴

ドライバットは通常のバットとは違い長さ(40・45・50インチ)とバランスがゴルフクラブに近い設計となっており、また本体がセンターで2色に色分けされていますのでバックスイング・フォロースイング時にセンターを視覚で確認しやすく、正しいポジションであるかをご自身で簡単にご確認出来ます。
一番ご確認頂きやすいのが下方にあります画像の様にミラー(鏡)の前での素振りです。
(写真はAzas「ドライバット ツアープロ・ロング」50インチのものです)</FONT>

ドライバット・サプルバットの購入はこちらへ

練習時の確認点

バックスイング時、腰の高さのポジション
で正面から見ると1色に見える(白1色)
ダウンスイング時、腰の高さのポジション
で正面から見ると1色に見える(白1色)
インパクトポジションで正面から見ると
2色が調度半々に見える(オレンジと白)
フォロースイング時、腰の高さのポジション
で正面から見ると1色に見える(オレンジ色)

ミラーの前での

ドライバット」練習方法

上記の練習時の確認点に意識してAzas「ドライバット」を振ってみましょう。
連続素振りが効果的です。
軽いクラブと違い自然とオンプレーンに振れ、体重移動も自然としていることに気がつくと思います。
通常の右素振り
片方に偏らないよう必ず左素振りもしましょう
ミラーの前での通常の右素振り
片方に偏らないよう必ず左素振りもしましょう